2013年12月02日 08時00分 公開
特集/連載

PayPalが語るOpenStack新版「Havana」の導入効果OpenStack Orchestrationの進化はいかに

OpenStackで大規模環境を運用する企業が集まったパネルディスカッションでは、新版「Havana」を多くの企業が称賛した。その一方で、2014年の「Icehouse」に向けて、欲しい機能がたくさんあるとも語った。

[Beth Pariseau,TechTarget]

 2013年10月下旬に開催されたオンラインパネルディスカッションで、大規模なIT環境を担当するIT専門家が、OpenStackの新バージョン「OpenStack 2013.2」(コードネーム「Havana」)を使った経験と、2014年に登場する次期バージョン(コードネーム「Icehouse」)に何が求められるかを論じた。

 OpenStack Foundation(OpenStackプロジェクトを管理する非営利団体)がGoogleハングアウトを利用して開催したこのイベントで、パネリストはHavanaのオートスケーリング機能、ネットワーク機能の強化、ローリングアップグレードのサポートを称賛した。だが、その一方で、欲しい機能がまだたくさんあるとも語った。例えば、ライブマイグレーション、“Database as a Service(DaaS)”の本格的なサポート、アイデンティティー(ID)管理のフェデレーションなどだ。

 オートスケーリングは、インキュベーション段階(※1)を経てHavanaでコアプロジェクト(※2)に昇格した2つのプロジェクトを組み合わせることで実現されている。その1つは「OpenStack Orchestration」(コードネーム「Heat」)、もう1つは「OpenStack Metering」(コードネーム「Ceilometer」)だ。OpenStack Meteringが環境を監視してリソースの制約を発見し、OpenStack Orchestrationが必要に応じて新しいリソースを供給するようになっている。

※1 コアプロジェクトとなる前の審査段階に相当する
※2 正式にOpenStackの一部を構成するプロジェクト

PayPalがHavanaで注目する機能とは

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...

news025.jpg

求心力のある変革ビジョンに必要な「PECの工夫」
変革ビジョンの策定に当たっては、その内容もさることながら「決め方や伝え方」に心を配...

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...