2013年12月20日 08時00分 公開
特集/連載

独自技術でSSD搭載コストを抑えたハイブリッド型ストレージ「Nimble Storage」エンタープライズディスクストレージ製品紹介: Nimble Storage

Nimble StorageはSSDとHDDを最適化するように設計したハイブリッド型ストレージ。独自技術によってSSD採用のネックとなる要素を排除しているという。

[富永康信,ロビンソン]

 米サンノゼに本社を置くNimble Storageは、大手ストレージベンダー出身の技術者と米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者が2008年1月に設立。フラッシュメモリとHDDを組み合わせたハイブリッド型ストレージ「Nimble Storage」の提供を2010年8月に開始した。世界2100社のユーザー企業に4000台以上の導入実績を持つ(2013年12月現在)。日本国内では、アセンテックが2013年10月に販売代理店契約を締結し、同年12月下旬に提供を開始した。

 Nimble Storageは、ディスク容量8Tバイト〜36Tバイトの全7モデルで構成される。全て3Uサイズに統一されているのが特徴で、筐体にコントローラーとSSD、HDDを全て内蔵し、単独で利用できる(画像1)。4コア/1CPUを搭載する「CS200シリーズ」と、6コア/2CPU(12コア)の「CS400シリーズ」に大別される。SSDとHDDの比率、必要なIOPS(1秒当たりに処理可能なI/Oアクセスの数)によってシリーズを選択できる。

photo 画像1 Nimble Storageは全て3Uサイズに統一され、コントローラーとSSD、HDDを内蔵

VDIやデータベース用途に対応するハイブリッド型ストレージ

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...