2013年11月27日 08時00分 公開
特集/連載

【製品動向】SSDの弱点を独自技術でカバーするフラッシュストレージ新規参入5社2013年はEMC、日立、HP、IBM、NetAppが相次ぎ参入

これまでは米Violin Memoryなど新興ベンダーが中心だったオールフラッシュストレージ市場。2013年になり大手ストレージベンダーが対応製品を発表して市場に参入している。いわば“後発組”となるベンダー5社の製品を紹介する。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 フラッシュメモリSSD(ソリッドステートドライブ)を活用するストレージ製品が市場に多く登場している。特に、データの永続的な保存先となるプライマリストレージとして活用する“オールフラッシュアレイストレージ製品”が相次いで発表されている。オールフラッシュストレージのメリットやデメリットを整理しつつ、主要な5製品からオールフラッシュストレージの最新動向を読み解いていこう。

オールフラッシュストレージのメリット/デメリットとは?

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...