2014年09月18日 08時00分 UPDATE
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイドこうして世界は盗聴された――米国“最強ハッカー集団”のおぞましい手口

米国家安全保障局(NSA)による大規模な諜報活動は、世界を震撼させた。諜報活動で暗躍したハッカー集団「TAO」とは何か。諜報活動は正当なものだったのか。真実に迫る。

[TechTargetジャパン]
ik_tt_wp01.jpg クリックでダウンロードページへ

 米国家安全保障局(NSA)の元職員エドワード・スノーデン氏のリークによって、その任務や能力が明らかになったのが、「TAO」(Tailored Access Operations)と呼ばれるハッキング部隊だ。メーカーから出荷される前のシステムに細工を施すといった驚異的な手法で諜報活動を進めたとみられている。

 こうした諜報活動は、世界各国からの批判を集めた。だがNSAの元長官であるキース・B・アレクサンダー氏によると、諜報活動を含むNSAの活動は、“第2の9.11”を防ぐためには必要なことだったという。TAOの手口とはどのようなものだったのか。諜報活動を正当化できる理由とは。TechTargetジャパンの関連記事を再編集した本資料で検証する。

ITmedia マーケティング新着記事

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...

news118.jpg

「スーパーアプリ」の台頭がアジアのモバイルファイナンス成長を後押し――AdjustとApp Annieが共同調査
AdjustはApp Annieと共同で「モバイルファイナンスレポート2019」を発表しました。