2014年09月18日 08時00分 公開
特集/連載

こうして世界は盗聴された――米国“最強ハッカー集団”のおぞましい手口特選プレミアムコンテンツガイド

米国家安全保障局(NSA)による大規模な諜報活動は、世界を震撼させた。諜報活動で暗躍したハッカー集団「TAO」とは何か。諜報活動は正当なものだったのか。真実に迫る。

[TechTargetジャパン]
クリックでダウンロードページへ

 米国家安全保障局(NSA)の元職員エドワード・スノーデン氏のリークによって、その任務や能力が明らかになったのが、「TAO」(Tailored Access Operations)と呼ばれるハッキング部隊だ。メーカーから出荷される前のシステムに細工を施すといった驚異的な手法で諜報活動を進めたとみられている。

 こうした諜報活動は、世界各国からの批判を集めた。だがNSAの元長官であるキース・B・アレクサンダー氏によると、諜報活動を含むNSAの活動は、“第2の9.11”を防ぐためには必要なことだったという。TAOの手口とはどのようなものだったのか。諜報活動を正当化できる理由とは。TechTargetジャパンの関連記事を再編集した本資料で検証する。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。