2015年01月26日 08時00分 公開
特集/連載

パスワードだけでは危険過ぎる、「2要素認証」利用のススメユーザーは不便だと言うけれど

ID/パスワードに加えて、ICカードやUSB端末などでユーザーを認証してアカウントを制御する「2要素認証」方式。個人情報や会社の機密情報の漏えいを防ぐため、その採用が急速に増えている。

[Robert Sheldon,TechTarget]

 IT担当者は、ユーザー認証の強化によって個人情報の漏えいを制限できる。その手法として、ログイン時に「2要素認証」(Two Factor Authentication:2FA)というセキュリティを実装する方法が注目を集めている。

 ユーザーに2つ目の認証要素を要求することでネットワークアクセスポイントを増強する企業の数は増えている。2FAは迅速に実現できるため、ほとんどの企業にとって一手間掛ける価値のある手法だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。