2015年01月26日 08時00分 公開
特集/連載

パスワードだけでは危険過ぎる、「2要素認証」利用のススメユーザーは不便だと言うけれど

ID/パスワードに加えて、ICカードやUSB端末などでユーザーを認証してアカウントを制御する「2要素認証」方式。個人情報や会社の機密情報の漏えいを防ぐため、その採用が急速に増えている。

[Robert Sheldon,TechTarget]

 IT担当者は、ユーザー認証の強化によって個人情報の漏えいを制限できる。その手法として、ログイン時に「2要素認証」(Two Factor Authentication:2FA)というセキュリティを実装する方法が注目を集めている。

 ユーザーに2つ目の認証要素を要求することでネットワークアクセスポイントを増強する企業の数は増えている。2FAは迅速に実現できるため、ほとんどの企業にとって一手間掛ける価値のある手法だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...