Windowsのトラブルを最速で解決、知っておくべき無料ツール5選管理ツール群「Windows Sysinternals」紹介(1/2 ページ)

Windowsシステムを深く理解する必要があるなら、「Sysinternalsユーティリティ」は最良のツールだ。Windows標準ツールの機能をはるかに超えるもので、かなり高度な管理が可能になる。

2015年06月25日 08時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Windows 8 | 管理者


photo Windowsには知られざる便利なコマンドが多く備わっている:TechTargetジャパン掲載記事(一般ユーザーにも便利なWindowsコマンドプロンプト 知られざる裏技10選)より《クリックで拡大》

 「Sysinternalsユーティリティ」は、ユーザーのWindows OSの特定の問題箇所を対象にするツール群で、パフォーマンス問題の確認も可能だ。

 Windows Sysinternalsのサイトには、個々のOSのコンポーネントを調べたりトラブルシュートするための無料のユーティリティが多く用意されている。私が選んだツールを紹介する前に、Sysinternalsライブラリは以前から存在するということに注意しよう。ツールの多くは「Windows XP」や「Windows Vista」などの古いOS用に作成されたものであるため、Sysinternalsコレクションの全てのツールが最新のWindowsバージョンで動作するわけではない。

 これらのユーティリティのどれもが「Windows 8」用に明確にデザインされているわけではないが、このうちの幾つかはWindows 8の問題に対処するのに役立つ。Windowsの管理に関わるIT担当者が知っておくべき5つのSysinternalsツールを細かくみてみよう。

AccessChk

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。