2016年03月11日 08時00分 公開
特集/連載

「個人情報保護法」改正で必要になるセキュリティ対策とは?知って納得、「セキュリティ法制度対応」の具体策【第3回】(1/3 ページ)

2015年に改正された個人情報保護法は、企業のセキュリティ対策にどのような影響をもたらすのか。特に情報システムとの関わりが深いと思われる改正点を中心に解説する。

[太田 海,NRIセキュアテクノロジーズ]

 個人情報の取り扱いに関するセキュリティ法制度である個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)。その改正法(改正個人情報保護法)が2015年9月3日に成立し、2年以内に施行されることとなった。改正点のうち、とりわけ情報システム担当者にとってポイントとなるものを大別すると、

  • 個人情報の定義の明確化と、それに伴う概念追加
  • 法の適用範囲の拡大
  • セキュリティ対策の強化

の3つとなる。本稿ではこれら重要な改正点に焦点を当て、必要なセキュリティ対策を解説する。

個人情報の定義の明確化と、それに伴う概念追加

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

新型コロナ接触確認アプリ プライバシーと感染抑止の間で揺れ動く各国の対応
欧米では新型コロナ「第2波」への危機感が高まっています。主要国における接触確認アプリ...

news163.jpg

2020年米国ホリデーシーズンショッピング、オンライン売上高が過去最高に――Adobe予測
Adobeはホリデーシーズンの米国におけるオンライン売上高が1890億ドルになると予測してい...