2015年01月08日 15時00分 公開
特集/連載

「マイナンバー制度」のIT対応、“2つの落とし穴”をどう避ける?直前に慌てないための「マイナンバー制度」入門【第2回】

ITシステムの対応が必須になるマイナンバー制度の適用。だが、単純なシステム改修だけでは求められる管理レベルを達成できない。連載第2回ではIT対応のポイントを解説する。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

関連キーワード

ERP | マイナンバー | 人事


 「マイナちゃんはかわいい顔をして厳しいことを求めてくる」。あるパッケージベンダーの担当者はこうつぶやく。マイナちゃんとは2016年1月に利用開始されるマイナンバー制度(社会保障・税番号制度)の広報用キャラクター。マイナンバーに親しみを持ってもらうことを目的に名称が公募されたウサギのキャラクターだが、ITシステム対応をはじめ、企業にとってマイナンバー制度対応のハードルは高い。第1回「企業の対応方法は? 『マイナンバー制度』のここが大変」に続く、今回はITシステム対応の要点を解説する。

IT対応で考えるべき2つのポイント

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。