2014年12月25日 08時00分 公開
特集/連載

企業の対応方法は? 「マイナンバー制度」のここが大変直前に慌てないための「マイナンバー制度」入門【第1回】

マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)が開始される2016年1月まで残り1年。行政機関の業務効率化が期待できるものの、企業にとっては対応の負荷が心配だ。マイナンバー制度の概要と対応への課題を解説する。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

関連キーワード

ERP | マイナンバー | システム構築


 2015年、企業はマイナンバー制度への対応に追われることになりそうだ。マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)は、国民1人ひとりに12桁の個人番号(マイナンバー)を割り振り、行政機関の情報管理を効率化することが目的。同時に、行政と関わる企業もマイナンバー制度への対応を進める必要がある。本連載ではマイナンバー制度への概要や求められる企業の対応、ITシステムへの影響などを解説する。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...