2017年01月16日 08時00分 UPDATE
特集/連載

各社が注力するスマート技術魅力が低下したスマートフォン復活の鍵はスマートアシスタント機能

スマートフォン市場の成長率はさらに鈍化し、「iPhone 7」も売り上げ増に寄与していない。この傾向を打破するのは、AIを応用したスマートアシスタント機能かもしれない。

[Cliff Saran,Computer Weekly]
Computer Weekly

 調査会社Gartnerが行った最新の市場シェアレポートは、スマートフォン市場の成長率が2016年末までに1.6%低下すると予測している。

Computer Weekly日本語版 1月11日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 1月11日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 2015年よりも緩やかではあるが、スマートフォン業界は市場の成熟に合わせて成長を続けている。Gartnerは、スマートフォン市場が2016年に15億ドル台に達するとしている。

 前回の2016年第2四半期レポートは、ユーザーの買い控えによるスマートフォンの売り上げ低下を指摘していたが(編注)、この状況は続いている。画面を大きくし解像度を上げても、スマートフォンの新規購入や機種変更にはつながっていない。

編注:10月5日号:ビッグデータでよみがえるレンブラント掲載の「2016年第2四半期のスマートフォン市場停滞の原因は『iPhone 7』」を参照。

 ハードウェアを段階的に進化させても、新端末の販売促進は期待できないと同社のアナリストは考えている。Appleが最近リリースした「iPhone 7」は、同社スマートフォンの売り上げにそれほど大きな影響を与えていない。

 「iPhone 7が大規模な買い替えにつながることは期待できない」と語るのは、Gartnerリサーチ部門のディレクターを務めるロベルタ・コッツァ氏だ。

 売り上げの伸びが期待されるのはむしろ、iPhoneリリース10周年となる2017年だ。「AppleがiPhoneの設計を見直すことが予測されている2017年まで、購入を待つ必要がある」と同氏は付け加える。

 「2017年には買い替え傾向が強くなり、新しいiPhoneのリリースも予測されることから、プレミアムなスマートフォン市場の成長率は3.5%まで回復するだろう」(コッツァ氏)

 同氏によると、このリリースはユーザーに確実にメリットをもたらしたiPhone 6発売時と同様の効果を引き起こす可能性があるという。

 「未来のiPhoneは、買い替えを促すだけの魅力的な新機能とデザインを提供する必要がある」(同氏)

 Gartnerよると、「Android」の市場シェアは横ばいが続くという。「Androidメーカーは依然として困難に直面している」(同氏)

 新しいAndroidスマートフォンの売り上げは、Huaweiなどの中国メーカーが主導している。だが、メーカーがハードウェアの販売に固執すると苦しむことになるだろう。

 「Huaweiはソフトウェアに投資して、エコシステムを構築する必要がある」とコッツァ氏は言う。

スマートフォンに搭載されるAI

 「Google Assistant」を組み込んだ新しいスマートフォン「Pixel」をリリースしたGoogleや、「Alexa」をリリースしたAmazonの後を大手メーカーが追うことになるとGartnerは予測する。

ITmedia マーケティング新着記事

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...

news118.jpg

「スーパーアプリ」の台頭がアジアのモバイルファイナンス成長を後押し――AdjustとApp Annieが共同調査
AdjustはApp Annieと共同で「モバイルファイナンスレポート2019」を発表しました。