2017年02月23日 08時00分 公開
特集/連載

本当にPCは必要なのか? CIOはクライアント機器を再検討すべしもはやPCである必要はなくなった

CES 2017でも各社が新型PCを発表していたが、ビジネス的な価値の創造につながるようなものではなかった。あらためて、PCが必要なのかどうか、考えてみる必要があるだろう。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 2017年、企業のIT部門は長年使ってきたWindows 7環境から離れるための作業を計画に組み込まなければならない。同時に、新たな機器を購入するとして、またもや大手メーカーのPCを選ぶか、他の機器にするかというジレンマにも向き合う必要がある。

 PC市場はここ数年、縮小の一途をたどっている。コンシューマー(一般消費者)は、進化の勢いが止まらないタブレット端末やスマートフォンを購入する。そういった端末は、日常生活で必要なコンピューティングニーズをかなりカバーできるほど高機能になったからだ。

 調査会社Gartnerは、PC、タブレット、携帯電話、その他のモバイル端末を合わせた全世界の合計出荷台数について、2017年は依然横ばいだろうと予測している。

 ところが、米ラスベガスで開催された年初恒例のイベント「Consumer Electronics Show 2017」(CES)に参加したPCメーカー各社は、Gartnerがこんな予測を立てていても相変わらず盛んに、PCへの再投資を促す活動を展開していた。

続きはComputer Weekly日本語版 2月22日号にて

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 2月8日号 NVMe over Fabricsに高まる期待

Computer Weekly日本語版 1月25日号 ARMが進めるIoT戦略

Computer Weekly日本語版 1月11日号 家庭内のIoTデバイスを守れ!


ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...