2017年12月15日 08時00分 公開
特集/連載

Computer Weekly製品導入ガイドCRMのメリットとデメリット

主なCRMおよびカスタマーエクスペリエンスソフトウェアのプロバイダーに関する最新調査結果を紹介する。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 顧客関係管理(CRM)とカスタマーエクスペリエンス(CX)は一体化しつつある。そしてそれは主要CRMプロバイダーの最新の製品に反映されている。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


 この分野の主力製品は全てクラウドをベースとしている。Gartner、Forrester Research、Nucleus Researchは、「Microsoft Dynamics 365」「Oracle CX Cloud Suite」「Salesforce」を従来型CRM市場の革新を主導する存在と位置付ける。

 市場シェアはSalesforce.com(以下、Salesforce)がトップだが、MicrosoftとOracleが追い上げている。

 Computer WeeklyはGartnerの「Magic quadrant for sales force automation 2016」、Forresterの「The Forrester Wave: CRM suites for enterprise organizations」、Nucleusの「CRM technology value matrix 2h2016」の各報告書を参考に、それぞれの製品を分析した。

 各製品にはある程度の類似点があるものの、アナリストの評価からはそれぞれに強みと弱みがあることがうかがえる。そのため、どれが最もビジネスニーズに適しているかを判断するのは難しい。価格、限られた統合、複雑性といった要素は、アナリストの評価におけるマイナス要因となっている。

Salesforce

 Forresterの分析によると、Salesforceは非常に手堅いマーケティングおよび顧客サービス機能とSFA機能を提供している。金融サービス、ヘルスケア、政府機関向けの業界専用製品もある。Forresterによれば、2016年に行った数十億ドル規模のDemandware買収のおかげで、Salesforceは有力な現場サービス機能を獲得した。

 Forresterによると、Salesforceはクラウド製品ごとに明確なロードマップがある。「同製品は高額で、同社は成長するにつれてパーソナルな印象が失われたという顧客コメントもある。Salesforceは、顧客関係転換の目標達成を支援するパートナーが必要な組織に最も適している」。Forresterはそう指摘する。

 Gartnerによれば、顧客コメントによる製品の評価スコアは全プロバイダーの中で最低だった。

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...