「プログラミング教育」は“競争に勝ち抜く社会人”を育てる手段になる?「次世代の教員」が知っておくべきこと【第1回】(2/2 ページ)

2018年03月14日 05時00分 公開
[栃尾江美]
前のページへ 1|2       

新たなチャレンジを支える「失敗の分類」と「試行錯誤」

写真 大和中学校の中村純一氏

 現場の教員の中には、ITに苦手意識を持つ人が少なからずいる。こうした教員を含めてIT活用の裾野をいかに広げていくかは、教育機関にとって大きな課題だ。教員に限らず、人は失敗を過度に恐れると、新しいことを試すのが難しくなってしまう。だが教員にとって「チャレンジしないことは一番の問題だ」と、佐賀市立大和中学校教諭の中村純一氏は憂慮する。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...