2018年06月05日 05時00分 公開
特集/連載

VMware環境からScale Computingの「HC3」へ移行 米損保が決断した理由ハイパーコンバージドインフラ(HCI)導入事例(2/2 ページ)

[John Moore,TechTarget]
前のページへ 1|2       

HCIでインフラを刷新

 Idaho Farm Bureau Insuranceは、社内インフラをScale Computingのハイパーコンバージドインフラ「HC3」に置き換える決断を下した。Idaho Farm Bureau InsuranceはVMware製品群に加え、SANストレージシステムの「HPE 3PAR」、NASシステム数台を運用していた。バックアップ用にテープストレージシステムも導入し、オフサイトの保管庫にバックアップを格納していた。

 「要するに、当社は既存のインフラを全て取り換えた」とウォルドロン氏は説明する。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。