人事支援モバイルアプリが社員の離職を防ぐデスクレスワーカーをどう定着させるか(2/2 ページ)

2018年06月22日 05時00分 公開
[Mark FefferTechTarget]
前のページへ 1|2       

HR支援モバイルアプリケーションに対する期待

 HR支援モバイルアプリケーションの多くは、日常的なタスクを簡素化し、先進的な考えを持つ組織で働いているかのように従業員に感じさせる。結果として従業員エンゲージメントの向上に貢献する、とエバンス氏は述べる。しかし、HR支援モバイルアプリケーションが、従業員とマネジャー間の定期的なやりとりにとって代わるものではないという。

 アブラハム氏は、アプリケーションが「ユーザーが必要とするものを補強している」と付け加えた。同氏は、HR支援モバイルアプリケーションは「従業員とマネジャーの関係を完全に置き換えることは不可能だ。しかし、その関係を補強して、それを一段と向上させることはできる」と語る。モバイルアプリケーションが雇用主と従業員間のコミュニケーションを改善する助けとなると、従業員は、業務を遂行することだけでなく組織とのつながりを実感すると、同氏は述べる。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...