2018年07月19日 05時00分 公開
特集/連載

統合ストレージ製品ベンダー比較 Dell EMC、Hitachi、HPE、IBM、NetAppの特徴はブロック、ファイル、オブジェクトの機能を併せ持つ(3/3 ページ)

[Logan G. Harbaugh,TechTarget]
前のページへ 1|2|3       

HPE

 同社には、3PARとNimble Storageという2つのブランドがある。同社のクラウドストレージソフトウェア「HPE Cloud Volumes」は、Nimble Storageシステムをはじめとする、複数のHPEストレージシステムで利用可能だ。サポートするクラウドサービスは、Amazon S3やMicrosoft Azureなど多数に及ぶ。接続はHPEのサービスを利用して行われるため、クラウドベンダーの利用料に加えて、HPEの月額利用料が発生する。

 この製品を導入するメリットは、ストレージに直接接続するよりも接続がシンプルになることだ。ローカルデータセンターにあるブロック、ファイルストレージをクラウド上のオブジェクトストレージに簡単に接続できるようになる。HPE Cloud Volumesが媒介としての役割を果たし、設定の難しいブロックストレージボリューム、NFS、CIFSファイルストレージとクラウド上のオブジェクトストレージのマッピングを実現する。

IBM

前のページへ 1|2|3       

ITmedia マーケティング新着記事

news064.jpg

「ナラティブカンパニー」だけがなぜ生き残るのか
「物語的共創構造」を意味するナラティブ(narrative)は企業視点のストーリー(story)...

news130.jpg

学生・若手社会人の7割以上が「クリエイティビティ」を重視――アドビ調査
「就職活動・若手社会人に必要なクリエイティブスキルに関する調査」の結果です。

news065.jpg

これからの企業コミュニケーションを読み解くキーワード「ナラティブ」とは?
話題書『ナラティブカンパニー』の著者である本田哲也氏とソーシャルメディアマーケティ...