2018年07月19日 05時00分 公開
特集/連載

統合ストレージ製品ベンダー比較 Dell EMC、Hitachi、HPE、IBM、NetAppの特徴はブロック、ファイル、オブジェクトの機能を併せ持つ(3/3 ページ)

[Logan G. Harbaugh,TechTarget]
前のページへ 1|2|3       

HPE

 同社には、3PARとNimble Storageという2つのブランドがある。同社のクラウドストレージソフトウェア「HPE Cloud Volumes」は、Nimble Storageシステムをはじめとする、複数のHPEストレージシステムで利用可能だ。サポートするクラウドサービスは、Amazon S3やMicrosoft Azureなど多数に及ぶ。接続はHPEのサービスを利用して行われるため、クラウドベンダーの利用料に加えて、HPEの月額利用料が発生する。

 この製品を導入するメリットは、ストレージに直接接続するよりも接続がシンプルになることだ。ローカルデータセンターにあるブロック、ファイルストレージをクラウド上のオブジェクトストレージに簡単に接続できるようになる。HPE Cloud Volumesが媒介としての役割を果たし、設定の難しいブロックストレージボリューム、NFS、CIFSファイルストレージとクラウド上のオブジェクトストレージのマッピングを実現する。

IBM

前のページへ 1|2|3       

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...