2019年01月16日 05時00分 公開
特集/連載

関連する認証局をまとめて扱う「信頼の連鎖」を活用したWindows 10の証明書管理とは

Windows 10の証明書は「信頼の連鎖」を作り出す。これにより自社のリソースにアクセスするユーザーの身元が確認され、そのユーザーが信頼済みの接続を経由してリソースにアクセスできるようになる。

[Robert Sheldon,TechTarget]

関連キーワード

Windows | Webセキュリティ


画像

 Windows 10の証明書は、OSとやりとりする個人やエンティティーの身元確認を引き受ける。こうした証明書は、全ての証明機能の中核として「証明書ストア」にまとめられる。

 ほとんどの場合、証明書の発行を担当するのは認証局(CA)だ。CAの目的は、証明書の所有者の身元を確認し、信頼済みの接続を確立することにある。

「信頼の連鎖」とは何か

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...

news089.jpg

「平成ジャンプ世代」の男女共に約8割は結婚意向あり――Pairsエンゲージ パーソナル婚活研究所調べ
「平成ジャンプ世代」とは、未婚のまま平成の30年間を飛び越えて令和を迎えた昭和生まれ...