2019年01月16日 05時00分 公開
特集/連載

「信頼の連鎖」を活用したWindows 10の証明書管理とは関連する認証局をまとめて扱う

Windows 10の証明書は「信頼の連鎖」を作り出す。これにより自社のリソースにアクセスするユーザーの身元が確認され、そのユーザーが信頼済みの接続を経由してリソースにアクセスできるようになる。

[Robert Sheldon,TechTarget]

関連キーワード

Windows | Webセキュリティ


画像

 Windows 10の証明書は、OSとやりとりする個人やエンティティーの身元確認を引き受ける。こうした証明書は、全ての証明機能の中核として「証明書ストア」にまとめられる。

 ほとんどの場合、証明書の発行を担当するのは認証局(CA)だ。CAの目的は、証明書の所有者の身元を確認し、信頼済みの接続を確立することにある。

「信頼の連鎖」とは何か

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...