2019年01月16日 05時00分 公開
特集/連載

関連する認証局をまとめて扱う「信頼の連鎖」を活用したWindows 10の証明書管理とは

Windows 10の証明書は「信頼の連鎖」を作り出す。これにより自社のリソースにアクセスするユーザーの身元が確認され、そのユーザーが信頼済みの接続を経由してリソースにアクセスできるようになる。

[Robert Sheldon,TechTarget]

関連キーワード

Windows | Webセキュリティ


画像

 Windows 10の証明書は、OSとやりとりする個人やエンティティーの身元確認を引き受ける。こうした証明書は、全ての証明機能の中核として「証明書ストア」にまとめられる。

 ほとんどの場合、証明書の発行を担当するのは認証局(CA)だ。CAの目的は、証明書の所有者の身元を確認し、信頼済みの接続を確立することにある。

「信頼の連鎖」とは何か

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大で注目される「巣ごもり消費」に関する意識――カンム調査
外出控えムードの中、消費意欲は「自宅でのエンタメ」に向かっているようです。

news091.jpg

オンライン医療が進む中国と台湾、日本 iOS「メディカル」アプリ最新人気ランキング
今回は、2020年2月度における中国、台湾、日本市場におけるiOS「メディカル」モバイルア...

news137.jpg

SDGsへの取り組みが最も高く評価された企業はトヨタ自動車――ブランド総合研究所調査
国内の主力企業のSDGsへの取り組みやESG活動に対して1万500人に聞いています。