2019年11月24日 08時30分 公開
特集/連載

ブラックハットハッカーからレッドハットハッカーまで「ハッカー」を帽子の色で6種類に分類 あなたは幾つ説明できる?

セキュリティ専門家ならブラックハット、ホワイトハット、グレーハットにはなじみがあるだろう。だがグリーンハット、ブルーハット、レッドハットにまで広がるとどうだろうか。新旧ハッカーを種類別に解説する。

[Sharon Shea,TechTarget]

関連キーワード

セキュリティ


画像

 情報セキュリティの世界でよく知られたハッカーといえば、「ブラックハットハッカー」「ホワイトハットハッカー」「グレーハットハッカー」の3種類がある。このように色を使った表現は、ハッカーが自らを差異化し、良いハッカーと悪いハッカーを区別しようとして生まれた。ブラックハットとホワイトハットの色分けは、主人公が白い帽子を、敵が黒い帽子をかぶっていた西部劇に由来する。

 今、そのハッカーの帽子の色がさらに多様化しつつある。各用語はそれほど周知も多用もされていないものの、新興の色分けはハッカーの他の特徴を表している。緑から赤、青まで広がったこうしたニックネームが定着するかどうかは、時がたってみないと分からない。

ブラックハットハッカー、ホワイトハットハッカー、グレーハットハッカー

 ブラックハットハッカーは、悪意を持ってコンピュータシステムやネットワークの脆弱(ぜいじゃく)性を探し、悪用する人物のことだ。マルウェアのようなハッキングの手口を使って危害を加えることもある。一般的にブラックハットハッカーは、金銭を目当てに被害者のネットワークに進入したり、データを盗難・破壊したり、システムを混乱させたり、サイバースパイ活動をしたり、あるいは単純に楽しむためにハッキング活動の一環として法律を破ったりする。

 これと対極を成すホワイトハットハッカーは、ブラックハットハッカーの標的になりかねないソフトウェアやハードウェア、ネットワークの脆弱性を見つける目的で雇われた、セキュリティ専門家を指す。ブラックハットハッカーと違ってホワイトハットハッカーは、法律で許される場合にのみネットワークをハッキングする。

 ホワイトハットハッカーは別名、倫理的ハッカーとも呼ばれ、脆弱性に関する全情報を雇い主に提供する。影響を受けるハードウェアやソフトウェアのベンダーがパッチを公開できるよう、脆弱性情報を公表する。ホワイトハットハッキングの技術には、侵入テストや脆弱性評価などが含まれる。

 白黒がはっきりしない場合もあり、そこにグレーハットハッカーが登場する。グレーハットハッカーはホワイトハットハッカーとは異なり、通常は悪意を持たずに脆弱性を利用する。一方で不正な手段を使って脆弱性を見つけることもある。脆弱性情報を一般に公開したり、ブラックハットハッカーのように利益を得る目的で、脆弱性に関する詳しい情報を売ったりすることさえある。

 グレーハットハッカーはまた、標的の許可なく、あるいは知らないうちにハッキングしたりもする。人生の一場面で法に触れるハッキング活動をしてしまい、その後、倫理的なホワイトハットハッカーに転じたハッカーも、グレーハットハッカーに当てはまる。

グリーンハットハッカー、ブルーハットハッカー、レッドハットハッカー

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...