医療機関が「RPA」を導入した理由 紙のタイムカード処理を15分から30秒に「従業員25人追加雇用」のコストを削減

ニューヨークプレスビテリアン病院は、それまで手作業だったタイムカードの打刻漏れチェックと給与支払プロセスを自動化するために「RPA」を導入した。その効果とは。

2020年03月17日 05時00分 公開
[Mark LabbeTechTarget]

関連キーワード

データ分析 | 電子カルテ | 医療IT


 ニューヨークプレスビテリアン病院は、コロンビア大学(Columbia University)とコーネル大学(Cornell University)の2つの医学部と提携する「アカデミックメディカルセンター」に分類される施設だ。同施設はそれまで手作業だった勤怠管理と給与支払プロセスの一部を「ロボティックプロセスオートメーション」(RPA)製品のソフトウェアロボットに置き換えて自動化した。

 グループ全体で約2万人の従業員と約2600床の病床を抱える米国有数の医療機関であるニューヨークプレスビテリアン病院。事務処理量は膨大で、勤怠管理には膨大な時間と多額のコストを費やしていた。RPAベンダーWorkFusionのRPA製品を導入して給与支払プロセスに適用した結果、ニューヨークプレスビテリアン病院はコストと人的資源を節約することに成功した(図1)。

図1 図1 WorkFusionのRPA製品《クリックで拡大》

RPAは医療機関の勤怠管理をどう変えたか

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。