2020年02月27日 05時00分 公開
特集/連載

病院のIT導入における「変更管理」戦略【前編】病院のITリーダーはなぜ「根回し」を重視するのか

システム変更時のトラブルや混乱を回避するために、医療業界のITリーダーが重視するのは「根回し」だ。それはなぜなのか。

[Makenzie Holland,TechTarget]

関連キーワード

CIO | 医療IT | IT戦略


 医療機関が新しいテクノロジーを何とか導入できたとしても、従業員に仕事のやり方を変えてもらうのは容易ではない。2019年9月にボストンで開催された医療カンファレンス「Annual Thought Leadership on Access Symposium」(ATLAS)で、全米の医療機関のリーダーが、新しいテクノロジー導入を成功させるために必要となる「変更管理」の戦略について議論した。変更管理は、システムの変更に伴う影響を抑えながら、効率的に変更を進められるように変更プロセス全体を管理することを指す。

 13カ所の関連施設を擁する医療グループHackensack Meridian Healthのデジタル化担当副社長であるパメラ・ランディス氏は次のように語る。「優れた変更管理計画の考え方の基本は、利害関係者と早期に対話し、テクノロジー投資が必要な理由を明確に伝え、導入をリードするチームを設立することだ」

 ランディス氏が新しいテクノロジーを導入する際にまず検討するのは、スケーラビリティと使いやすさだ。「そのテクノロジーがスケーリング可能かどうか、患者、消費者、医療チームの生活を楽にすることができるかどうかが重要だ」と同氏は言う。

変更管理計画では「根回し」を重視

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。