2021年01月12日 05時00分 公開
ニュース

LTO準拠テープへのデータ退避でディスク容量削減 XenDataの新アプライアンスTechTarget発 世界のITニュース

XenDataがLTO準拠のテープライブラリ管理アプライアンス「X20」「X40」を発表した。ディスクストレージのファイルの退避先としてテープドライブを利用可能にすることで、ディスクストレージの容量削減を支援する。

[Johnny Yu,TechTarget]

関連キーワード

LTO


 データストレージベンダーのXenDataは2020年12月8日(現地時間)、テープライブラリ管理アプライアンス「X20 Archive Appliance」(以下、X20) と「X40 Archive Appliance」(以下、X40)の2種を発表した。テープライブラリは、テープカートリッジを格納する「テープドライブ」を複数積載したストレージシステムだ。

ディスクストレージのデータをテープに退避

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

日本企業における非財務情報(ESG関連情報)活用とその実態――アビームコンサルティング調査
データを活用し、ESG活動の成果を定量的に把握した上で経営の意思決定を行う「真の統合型...

news117.jpg

Instagramがコロナ禍で苦境の飲食店を救うためにやっていること
Facebook JapanはInstagramで飲食店を含めた中小ビジネスを支援するためのさまざまな施策...