2020年11月19日 05時00分 公開
特集/連載

テープ新規格LTO-9の「容量はLTO-8の2倍」が実現しなかった理由新世代テープ規格「LTO-9」のインパクト【前編】

テープの新規格「LTO-9」の内容が明らかになった。容量をはじめ、「LTO-8」に対してどのような点が変わったのだろうか。具体的に見てみよう。

[Paul Crocetti,TechTarget]

関連キーワード

LTO | ストレージ


 テープ規格「LTO」(リニアテープオープン)の新規格「LTO-9」は、1カートリッジ当たりの容量が18TB(圧縮時は45TB)になることが決まった。2021年にLTO-9の準拠品が市場に登場する見通しだ。

 2020年9月、LTOを策定するHewlett Packard Enterprise(HPE)、IBM、Quantumの3社は、LTO-9の仕様とロードマップを発表した。LTO-9の非圧縮時容量18TBは、前世代の「LTO-8」の12TBから50%増になる。当初計画の「2倍」よりは低い増加率だ。なぜこのような変更があったのか。

容量倍増が実現しなかった“納得の理由”

 「大量のデータの長期保存にLTO-9は適している」とQuantumのプロダクトマーケティングマネジャー、ダイアナ・サラザー氏は語る。調査会社Enterprise Strategy Group(ESG)のシニアアナリスト、クリストフ・バートランド氏は「LTO-9は、データをすぐに使用できる状態で保管しておく『アクティブアーカイブ』に向いている」と話す。

 前述の通り、LTO-9の非圧縮時の容量は18TB、圧縮時の容量は45TB。当初計画よりも容量は小さくなったが、バートランド氏は「これは非常に大きな数字だ」と評価する。一方で、LTOは2000年に登場した「LTO-1」から2〜3年ごとに新世代が出て、その度に容量はほぼ倍増してきた。LTO-9の容量も当初計画では、前世代の2倍である非圧縮時24TB、圧縮時60TBだった。LTO-8の容量は非圧縮時12TB、圧縮時30TBだ。

 「目標の達成にはさらに時間が必要だった」と、HPEのプロダクトマネジャー、ローラ・ロレド氏は説明する。容量の増加率は抑える一方で2〜3年の開発期間を維持し、市場の需要に応えることにしたという。

 企業は保有するデータ量が増大を続ける課題に直面している。ESGのシニアラボアナリストを務めるビニー・チョインスキー氏は「企業が必要とするストレージ容量は増え続けている。大容量のデータを低価格で保存できる製品には常に需要がある」と指摘する。

TechTargetジャパン「読者ライター」募集のお知らせ

IT製品選定に関する記事をご執筆いただく「読者ライター」を募集します。記事を通じて皆さまの経験やノウハウを共有してみませんか? 応募はこちらから↓

https://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/2009/25/news11.html

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news054.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年5月)
一部の都道府県では、新型コロナ第4波のための緊急事態宣言が続いています。オンラインシ...

news138.jpg

Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。

news061.jpg

売れる仕組みは「AI」で作る(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...