2021年01月15日 05時00分 公開
ニュース

Juniperが「インテントベースネットワーク」のApstraを買収 主力製品「AOS」とはTechTarget発 世界のITニュース

Juniper Networksはネットワーク構築・運用支援ソフトウェアを提供するApstraを買収する。Apstraは「インテントベースネットワーク」を具現化する製品「AOS」を手掛けてきた。その中身とは。

[Antone Gonsalves,TechTarget]

関連キーワード

ネットワーク


 Juniper Networksは2020年12月7日(現地時間) 、ネットワーク構築・運用支援ソフトウェアベンダーであるApstraの買収を発表した。この買収に伴い、Apstraの共同創設者であるデビッド・シェリトンCEO(最高経営責任者)が、チーフデータセンターサイエンティストとしてJuniperに加わる。

 Apstraは、管理者の意図に沿った自律的なネットワーク運用管理を実現する「インテントベースネットワーク」(IBN)のパイオニアである非公開企業だ。IBN関連製品を手掛けるApstraの競合ベンダーとしてはForward NetworksやVeriflow Systems(VMwareが買収)が挙げられる。

インテントベースネットワークを具現化する「AOS」の基礎

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...