Juniperが「インテントベースネットワーク」のApstraを買収 主力製品「AOS」とはTechTarget発 世界のITニュース

Juniper Networksはネットワーク構築・運用支援ソフトウェアを提供するApstraを買収する。Apstraは「インテントベースネットワーク」を具現化する製品「AOS」を手掛けてきた。その中身とは。

2021年01月15日 05時00分 公開
[Antone GonsalvesTechTarget]

関連キーワード

ネットワーク


 Juniper Networksは2020年12月7日(現地時間) 、ネットワーク構築・運用支援ソフトウェアベンダーであるApstraの買収を発表した。この買収に伴い、Apstraの共同創設者であるデビッド・シェリトンCEO(最高経営責任者)が、チーフデータセンターサイエンティストとしてJuniperに加わる。

 Apstraは、管理者の意図に沿った自律的なネットワーク運用管理を実現する「インテントベースネットワーク」(IBN)のパイオニアである非公開企業だ。IBN関連製品を手掛けるApstraの競合ベンダーとしてはForward NetworksやVeriflow Systems(VMwareが買収)が挙げられる。

インテントベースネットワークを具現化する「AOS」の基礎

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...