2021年01月15日 05時00分 公開
ニュース

Juniperが「インテントベースネットワーク」のApstraを買収 主力製品「AOS」とはTechTarget発 世界のITニュース

Juniper Networksはネットワーク構築・運用支援ソフトウェアを提供するApstraを買収する。Apstraは「インテントベースネットワーク」を具現化する製品「AOS」を手掛けてきた。その中身とは。

[Antone Gonsalves,TechTarget]

関連キーワード

ネットワーク


 Juniper Networksは2020年12月7日(現地時間) 、ネットワーク構築・運用支援ソフトウェアベンダーであるApstraの買収を発表した。この買収に伴い、Apstraの共同創設者であるデビッド・シェリトンCEO(最高経営責任者)が、チーフデータセンターサイエンティストとしてJuniperに加わる。

 Apstraは、管理者の意図に沿った自律的なネットワーク運用管理を実現する「インテントベースネットワーク」(IBN)のパイオニアである非公開企業だ。IBN関連製品を手掛けるApstraの競合ベンダーとしてはForward NetworksやVeriflow Systems(VMwareが買収)が挙げられる。

インテントベースネットワークを具現化する「AOS」の基礎

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。