マルウェア「TrickBot」関連でラトビア国籍の女性が逮捕 プログラミングを担当TechTarget発 世界のITニュース

ランサムウェア攻撃にも使われるマルウェア「TrickBot」の攻撃に関わったとして、ラトビア国籍の女性が起訴された。どのような攻撃活動に関わっていたのか。

2021年07月05日 05時00分 公開
[Alexander CulafiTechTarget]

 米司法省(DOJ)は2021年6月4日(現地時間、以下同じ)、ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)攻撃にも使用されるマルウェア「TrickBot」に関与した人物を起訴したことを公表した。

 起訴されたのは、別名Maxとして知られるアラ・ウィッテ被告。TrickBotの開発とTrickBotを使ったサイバー攻撃に関与した疑いで起訴された。DOJによると、ウィッテ被告は55歳のラトビア国籍の女性。2021年2月6日にマイアミで逮捕されていた。

TrickBot開発者「ウィッテ被告」は何をしたのか

ITmedia マーケティング新着記事

news014.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年5月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news129.jpg

SNSアカウントのビジネス貢献を明らかにするための調査サービス テテマーチが提供
フォロワーの属性や状態を明確に把握し、彼らの態度や行動を変容させるためにSNSがどう寄...

news096.jpg

Googleの「サーチトランスフォーメーション」で広告はどう変わる?
Googleは広告主向けの年次イベント「Google Marketing Live 2024」において、広告やコマ...