2021年07月30日 05時00分 公開
特集/連載

「汎用人工知能」(AGI)が“人とAIの共存する職場”を作る「汎用人工知能」(AGI)のビジネス利用の展望【後編】

AGIを活用すれば、完全自律型のプロセス自動化ツールが実現する可能性がある。そうすると現実味を帯びるのが、人とAIの共存だ。

[Ronald Schmelzer,TechTarget]

関連キーワード

機械学習


 未来の企業は、会社の中核的業務にさまざまなAI(人工知能)技術を組み込むことになると考えられる。そこでは人の知能を再現した真のAIである汎用(はんよう)人工知能(AGI)を活用し、人の関与を排除した完全自律型のプロセス自動化ツールを利用することになる。AGIが実現すれば、現在のシステムが抱える課題を解消できる可能性がある。

 現在の最高水準のプロセス自動化ツールであっても、解決できていない問題はある。例えばプロセスがハードコード(ソースコードに直接記述)されていることや、プロセスの例外を処理できないことなどがそれに当たる。ドキュメント処理や文字認識、意思決定などの複雑な認知タスクがあると、その先に進めないことも課題だ。

 AGIのビジネス利用が実現すれば、完全自律型のプロセス自動化が可能になる。システム間のデータ転送、非常に特殊なタスクの処理、避けられない例外への対処といった問題も解決できる可能性がある。

AGIが実現する「人とAIが共存する世界」

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...