AWSのデータ保護がより安価になった「Clumio SecureVault」の軽量版とは?TechTarget発 世界のITニュース

Clumioはデータ保護サービス「Clumio SecureVault」の軽量版を提供開始する。Amazon EC2やAmazon EBSで利用できる。「エアギャップ」を使ったデータ保護ができるという同サービスには、どのような特徴があるのか。

2022年06月28日 05時00分 公開
[Tim McCarthyTechTarget]

 バックアップサービスベンダーのClumioは、クラウドサービス群「Amazon Web Services」(AWS)向けのデータ保護サービス「Clumio SecureVault Lite」(SecureVault Lite)を、2022年8月に提供開始する。同サービスは「Clumio SecureVault」(SecureVault)の軽量版。機能は限定されるが、より低価格での利用が可能となる。

「SecureVault Lite」の機能と価格 「SecureVault」との違いは?

 SecureVault Liteは、AWSの仮想マシンサービス「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)とブロックストレージサービス「Amazon Elastic Block Store」(Amazon EBS)向けのデータ保護サービスだ。ユーザー企業はこのサービスを利用し、データを本番環境から隔離する「エアギャップ」を取り入れたバックアップができる。これによりランサムウェア(身代金要求型マルウェア)からのデータ保護がしやすくなる。

 SecureVault Liteの利用料金はバックアップが1GB当たり月額0.035ドルとなっており、SecureVaultの利用料金である1GB当たり月額0.05ドルより安い。データのリストア(復旧)は、SecureVault Liteは1GB当たり0.04ドル。SecureVaultは前述の利用料金にリストアが含まれる。

 機能面でSecureVault LiteとSecureVaultを比較すると、リストア機能に違いがある。SecureVault LiteはSecureVaultが提供するリストア機能の一部のみ利用可能となっている。具体的には、

  • ファイルレベルのインデックス作成機能とリストア機能
  • ファイルシステムのブラウズ機能

がSecureVault Liteには含まれていない。一方、データの最低保存期間はSecureVaultが1日であるのに対し、SecureVault Liteは30日となっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...