AWSのデータ保護がより安価になった「Clumio SecureVault」の軽量版とは?TechTarget発 世界のITニュース

Clumioはデータ保護サービス「Clumio SecureVault」の軽量版を提供開始する。Amazon EC2やAmazon EBSで利用できる。「エアギャップ」を使ったデータ保護ができるという同サービスには、どのような特徴があるのか。

2022年06月28日 05時00分 公開
[Tim McCarthyTechTarget]

 バックアップサービスベンダーのClumioは、クラウドサービス群「Amazon Web Services」(AWS)向けのデータ保護サービス「Clumio SecureVault Lite」(SecureVault Lite)を、2022年8月に提供開始する。同サービスは「Clumio SecureVault」(SecureVault)の軽量版。機能は限定されるが、より低価格での利用が可能となる。

「SecureVault Lite」の機能と価格 「SecureVault」との違いは?

 SecureVault Liteは、AWSの仮想マシンサービス「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)とブロックストレージサービス「Amazon Elastic Block Store」(Amazon EBS)向けのデータ保護サービスだ。ユーザー企業はこのサービスを利用し、データを本番環境から隔離する「エアギャップ」を取り入れたバックアップができる。これによりランサムウェア(身代金要求型マルウェア)からのデータ保護がしやすくなる。

 SecureVault Liteの利用料金はバックアップが1GB当たり月額0.035ドルとなっており、SecureVaultの利用料金である1GB当たり月額0.05ドルより安い。データのリストア(復旧)は、SecureVault Liteは1GB当たり0.04ドル。SecureVaultは前述の利用料金にリストアが含まれる。

 機能面でSecureVault LiteとSecureVaultを比較すると、リストア機能に違いがある。SecureVault LiteはSecureVaultが提供するリストア機能の一部のみ利用可能となっている。具体的には、

  • ファイルレベルのインデックス作成機能とリストア機能
  • ファイルシステムのブラウズ機能

がSecureVault Liteには含まれていない。一方、データの最低保存期間はSecureVaultが1日であるのに対し、SecureVault Liteは30日となっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...