PowerShell「foreach」「ForEach-Object」「while」「do while」の根本的な違いTechTargetジャパンエンジニア読本集

「PowerShell」によるタスクの反復処理は、「Windows」を扱うIT管理者の業務を楽にしてくれる場合がある。PowerShellで利用可能な4つのループ処理構文の違いを学び、使いこなせるようになろう。

2023年02月10日 05時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 「Windows」のコマンド実行ツール「PowerShell」は、システムの構成やタスクの自動化に活用できるツールだ。タスクを反復実行するための「ループ処理」の構文を使うことで、IT管理者は同じスクリプト(簡易プログラム)を何度も記述する手間を回避できる。

 PowerShellは幾つかのループ処理構文を提供する。それらは何が違うのか。どう使えばよいのか。本資料は、PowerShellで利用できる4つのループ処理構文を、スクリプト例を交えて解説する。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

連載:「PowerShell」のループ処理に使える4つの構文

ITmedia マーケティング新着記事

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...

news072.jpg

Threadsで目立つ投稿をするには? Metaがフィードアルゴリズムの仕組みに関する洞察を公開
X(旧Twitter)に変わるものとして期待されるMetaの短文投稿SNS「Threads」。Metaが公開...

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...