2007年09月03日 05時00分 UPDATE
特集/連載

無線LAN、ネットワーク管理ツールは万全か?FMC(固定と携帯の融合)の導入準備

携帯電話の回線を自動的に無線LANに切り替え、それを経由して固定有線回線で通話ができるFMC。導入を検討するポイントを紹介する。

[Paul DeBeasi,TechTarget]

 FMC(Fixed Mobile Convergence:固定と携帯の融合)については誰もが耳にしたことがあるだろう。FMCにより、携帯電話ユーザーは回線を自動的に無線LANに切り替え、それを経由して固定有線回線で通話ができる。しかし、FMCが実現するのは、携帯回線と固定回線間での音声通信の融合だけではない。以下のことも可能になる。

  • 携帯電話とPBXの統合:携帯電話ユーザーを企業のPBXにリンクし、単一のメールボックスおよび電話番号の利用と、PBX機能へのアクセスを実現
  • ユニファイドコミュニケーション:企業アプリケーションに統合可能なプレゼンス対応の音声・ビデオ・テキストによるコミュニケーション
  • 携帯電話の利用分数の削減:可能な限りWi-Fiネットワークを使って通話が行われるため、携帯電話の利用分数が減少する

導入の選択肢

 FMCを導入するには2つの選択肢がある。1つは、VerizonやAT&Tのような通信事業者からFMCサービスを購入することだ。これはセントレックスサービスを購入するのと似ている。機器を管理するのは事業者だからだ。もう1つは、RIM、Cisco、Divitasといった企業からFMC機器を購入することだ。これはPBXを購入するのと似ており、購入した企業がFMC機器を管理することになる。

 残念ながら、VerizonやAT&Tによる現行のFMCサービスは、携帯電話とPBXの統合に特化している。実際、Verizonが最近発表したPBX Mobile Extensionサービスでは、企業無線LANも利用できない。このため、企業がFMCの可能性を最大限に引き出すには、FMC機器を導入しなければならない。

FMCに備える

 機器を購入する前に、企業LAN、ITスタッフ、管理ツールがFMCに対応できるようにしておかなければならない。そのためのポイントとしては次のようなものがある。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

2016年夏のテレビ的「話題」と「問題」
リオ五輪で注目を集めた日本人選手、パラリンピック選手の競技環境、テレビが健康に及ぼ...

news083.jpg

マーケティングオートメーション「B→Dash」が「Sansan」「kintone」と連係開始
フロムスクラッチが開発・提供するマーケティングオートメーションプラットフォーム「B→...

news028.jpg

Act-on Softwareのマーケティングオートメーションを月額9万円で提供
MKTインターナショナルは、Act-on Softwareと販売パートナー契約を締結し、同社が提供す...