2007年11月26日 20時35分 UPDATE
ニュース

NEWSNEC情報システムズ、流通業向けEDI・EAI統合ミドルウェアの新バージョンを発売

「EDIAI Server」の新バージョンを発売。取引先や得意先と社内の業務システム間におけるデータ連携の仕組みを構築するために必要な機能をオールインワンで提供

[TechTarget]

 NEC情報システムズは11月26日、企業間EDIシステムと企業内の業務システムを連携、統合するミドルウェア「EDIAI Server」の新バージョンを同日より販売開始した。

 EDIAI Serverは、EDI(Electronic Data Interchange)とEAI(Enterprise Application Integration)を統合し、取引先・得意先と社内の複数業務システム間におけるデータ連携の仕組みを構築するために必要な、通信・変換・振り分け・運用管理などの機能をオールインワンで提供するミドルウェア。

 新バージョン(V5.0)では、流通システム開発センターが2007年4月に定めた、インターネットを利用した次世代XML-EDI(電子データ交換)を実現するための規格「流通ビジネスメッセージ標準(Ver1.0)」に対応。流通業向け次世代EDIでの新通信手段である「ebXML(※1) MS(メッセージングサービス)」「JX手順(※2)」「EDIINT AS2(※3)」のプロトコルを提供する。

(※1)electronic business using XMLの略。XMLを活用した電子商取引向けの国際標準仕様。

(※2)流通システム開発センターが、TCP/IPなどのインターネット上で企業間EDIを行う際のメッセージ交換手順について国際標準仕様(SOAP-RPC)を基に策定したガイドライン。

(※3)インターネット技術の標準化団体であるIETF(Internet Engineering Task Force)が策定した、インターネット技術の活用によるデータ交換技術の標準仕様。

関連ホワイトペーパー

EDI | ミドルウェア | 運用管理


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news034.jpg

LINEアカウントを各企業サイトと連携、フィードフォースが「Next ID Alliance」を発表
フィードフォースは、より最適なワンツーワンコミュニケーションを実現できる世界を目指...

news068.jpg

LINEを連携させた新たなマーケティングオートメーションツール、日本経済社とジーニーが共同開発
日本経済社とジーニーは、ジーニーのMAツール「MAJIN」とLINEを連携させた新たなMAツール...

news012.jpg

データを価値に変える方法とは? ファッションテック参入のルグラン 泉 浩人氏に話を聞く
気象ビッグデータを分析し、その日の天気や気温の変化に合わせたコーディネートを提案す...