2007年12月18日 18時51分 UPDATE
ニュース

NEWSグローバルサイン、Microsoft Office VBAマクロに対応したコードサイニング証明書を発売

Microsoft Office VBAマクロのコードにデジタル署名を行うことで、マクロを含むドキュメントのセキュリティを強化

[TechTarget]

 グローバルサインは12月18日、Microsoft OfficeのVBAマクロに対応したコードサイニング証明書「MS Office VBA対応(MS Office マクロ対応バージョン)」を販売開始した。

 同社はこれまでコードサイニング証明書のラインアップとして「MS Authenticode対応」と「Object signing(Java)対応」を販売してきた。今回追加されたMS Office VBA対応(MS Office マクロ対応バージョン)は、Microsoft Office(XP、2003、2007)のVBAマクロのコードにデジタル署名を行えるため、ユーザーはファイルを開いた際にマクロ作成元の確認が可能になる。コードサイニング証明書を付加することでプログラムが改ざんされていないマクロであることを証明できるため、マクロを含むドキュメントのセキュリティレベルを高めることができるとしている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

NECが世界最高峰のB2Bマーケティング賞「Markie Awards」のファイナリストに
ラスベガスに渡ったノヤン先生と庭山特派員。「Oracle Modern Customer Experience 2017...

news133.jpg

デルがインサイドセールスを大幅増員、その組織と業務を紹介
デルは2017年4月26日、中堅企業向けのインサイドセールス(内勤営業)を大幅に増員すると...

news120.jpg

「CEOになるのは嫌だって? うん、正しいね」 Oracle マーク・ハード氏のキーノートは貫録たっぷり
ミミズクのノヤン先生を連れ米国遠征中の庭山一郎氏。世界のB2Bマーケティングの最先端事...