2007年12月18日 18時51分 UPDATE
ニュース

NEWSグローバルサイン、Microsoft Office VBAマクロに対応したコードサイニング証明書を発売

Microsoft Office VBAマクロのコードにデジタル署名を行うことで、マクロを含むドキュメントのセキュリティを強化

[TechTarget]

 グローバルサインは12月18日、Microsoft OfficeのVBAマクロに対応したコードサイニング証明書「MS Office VBA対応(MS Office マクロ対応バージョン)」を販売開始した。

 同社はこれまでコードサイニング証明書のラインアップとして「MS Authenticode対応」と「Object signing(Java)対応」を販売してきた。今回追加されたMS Office VBA対応(MS Office マクロ対応バージョン)は、Microsoft Office(XP、2003、2007)のVBAマクロのコードにデジタル署名を行えるため、ユーザーはファイルを開いた際にマクロ作成元の確認が可能になる。コードサイニング証明書を付加することでプログラムが改ざんされていないマクロであることを証明できるため、マクロを含むドキュメントのセキュリティレベルを高めることができるとしている。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news010.jpg

海の家でトライアル、O2Oアプリ×IoTで店舗のスマホ施策はどう変わる?
江ノ島にある海の家でO2OアプリとIoT販促ツールを組み合わせた実証実験が行われている。...

news023.jpg

LINEと博報堂DYデジタル、「LINE」上での広告効果測定の精緻化を図る共同プロジェクトを開始
LINEは、同社の広告サービスにおいて、効果測定の精緻化を図るプロジェクトを博報堂DYと...

news056.jpg

SSP「fluct」、Bulbitの全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」と連携開始
fluctは、SSP「fluct」がBulbitのモバイルアプリ向け全自動マーケティングプラットフォー...