2007年12月18日 18時51分 UPDATE
ニュース

NEWSグローバルサイン、Microsoft Office VBAマクロに対応したコードサイニング証明書を発売

Microsoft Office VBAマクロのコードにデジタル署名を行うことで、マクロを含むドキュメントのセキュリティを強化

[TechTarget]

 グローバルサインは12月18日、Microsoft OfficeのVBAマクロに対応したコードサイニング証明書「MS Office VBA対応(MS Office マクロ対応バージョン)」を販売開始した。

 同社はこれまでコードサイニング証明書のラインアップとして「MS Authenticode対応」と「Object signing(Java)対応」を販売してきた。今回追加されたMS Office VBA対応(MS Office マクロ対応バージョン)は、Microsoft Office(XP、2003、2007)のVBAマクロのコードにデジタル署名を行えるため、ユーザーはファイルを開いた際にマクロ作成元の確認が可能になる。コードサイニング証明書を付加することでプログラムが改ざんされていないマクロであることを証明できるため、マクロを含むドキュメントのセキュリティレベルを高めることができるとしている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...

news077.jpg

日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発...