2008年01月07日 04時45分 UPDATE
特集/連載

コスト削減にグリーンITに2008年の仮想化動向を読む──競争激化と製品拡充でさらなる活性化へ

2008年、データセンターを占うキーワードは仮想化だろう。MicrosoftのHyper-VやXenSourceを買収したCitrixの動きなど、仮想化の動向に注目だ。

[James M. Connolly,TechTarget]

 2008年の中堅企業のデータセンターを占うキーワードは、仮想化だろう。仮想化ソフトウェアベンダーが引き続きサーバ仮想化に重点を置くほか、中堅企業向けブレードサーバ、仮想マシンベースのリモートサービス、仮想デスクトップ、グリーンコンピューティングといった重要な技術分野で仮想化に基づく先進的な取り組みが進む見通しだ。

 中堅企業のデータセンターマネジャーは、こうした動きがもたらすハードウェアコストや電力コストの節減、管理の容易化、そして恐らく最も重要な、新しいディザスタリカバリソリューションの恩恵を受けることになる。

 「サーバ仮想化はここ数年支持を広げてきたが、いよいよ本格的な普及が進みつつあると思う。競争が活発化し、多くの製品が登場するだろう」と調査会社Yankee Group Researchのアナリスト、ゲーリー・チェン氏は語る。

 仮想化市場ではVMwareが強固な地位を築いているが、専門家はMicrosoftの攻勢と中堅企業に重点を置いたCitrix Systemsの市場展開に注目している。Microsoftは2008年初めのWindows Server 2008のリリースに続いて新しい仮想化ツールを投入する予定で、Citrix Systemsは2007年8月にオープンソースベンダーのXenSourceを買収している。

仮想化の効果はサーバ統合だけではない

 多くの大企業はサーバ統合を仮想化の導入理由としているが、仮想化の導入を検討している中堅企業のデータセンターマネジャーは、サーバ統合以外のメリットに目を向けるべきだと専門家は指摘している。

 「一部の企業がサーバ統合のために仮想化を進めるのは確かだ。仮想化によってサーバ統合を行うことで、スペース、ハードウェア、電力・冷却コストの削減が図れるからだ。しかし、それほど大規模なインフラを持っていないほとんどの中堅企業では、サーバ統合の効果は、仮想化導入の決め手になるほど大きなものではない」とチェン氏。多くの中堅企業にとって、仮想化の重要な用途はバックアップとディザスタリカバリだという。「仮想化により、これらのための高度なセットアップが可能だ。1時間もかからずにリストアを行うことができ、非常に実用的でコストも手ごろだ」(同氏)

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。

news135.jpg

カタリナ マーケティング ジャパンとデジタルインテリジェンスが提携
カタリナ マーケティング ジャパンとデジタルインテリジェンスは提携し、テレビCMとデジ...