2008年01月07日 19時50分 UPDATE
ニュース

NEWSGMOホスティング&セキュリティ、Webアプリケーション脆弱性診断サービスを提供

「アイル」の専用サーバサービスのオプションとして、Webアプリケーション脆弱性診断サービス「ホームページセキュリティー診断」を提供

[TechTarget]

 GMOホスティング&セキュリティは1月7日、SBTコンサルティング(以下、SBTC)との業務提携により、ホスティングブランド「アイル」の専用サーバサービスのオプションとして、Webアプリケーション脆弱性診断サービス「ホームページセキュリティー診断」の提供を開始した。

 本サービスは、SBTCの診断システムを用いてユーザーのWebアプリケーションの脆弱性をインターネット経由で診断するもの。CISSP認定資格をはじめとする複数の専門資格を持つセキュリティコンサルティング専任のエンジニアが、ハイエンドモデルと同等の数千におよぶ項目にて診断を実施し、発見した脆弱性の内容からリスクとその対処(修正)方法までを報告する。ASP方式で提供するため、ユーザー側でのインストール作業やハードウェア、ソフトウェアの購入は不要となっている。価格は1回3万1500円。また、脆弱性の有無のみを無料で診断する体験版も用意している。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...