2008年01月17日 19時59分 UPDATE
ニュース

NEWSエムオーテックス、ネットワークセキュリティ管理ツール「LanScope」の内部統制機能を強化

ネットワークセキュリティ管理ツールの最新版「Cat6」をリリース。アプリケーションのID、パスワードのログ化を実現

[TechTarget]

 エムオーテックスは1月17日、ネットワークセキュリティ管理ツールの最新版「LanScope Cat6」の販売を開始した。

 最新版ではログ取得のデータベースにOracle Databaseを採用したほか、ログインが必要なアプリケーションのID、パスワード、権限変更、操作のログ/レポート化を実現した。LanScope Cat6で作成したレポートはそのまま内部統制報告の監査報告書として使えるという。

 また、ブログや掲示板への投稿、Webブラウザへのファイルアップロードログ取得機能を追加し、禁止操作を行ったユーザーにはその旨をポップアップ表示する。さらに、ファイルトレース機能により、例えばあるユーザーが数カ月間に操作したファイルの全トレースや、ファイル名を指定しそのファイルを誰がどのように操作したかを調べることができる。

 価格は10ライセンスで39万4800円から。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news085.jpg

位置情報広告のジオロジック、LINE Venturesなどから総額1億円を調達
ジオロジックは、ジェネシア・ベンチャーズ、LINE Ventures、東急エージェンシーを引受先...

news065.jpg

LINE、サイバーエージェント子会社とチャットに特化した次世代型カスタマーサポート推進で協業
LINEは、サイバーエージェントの連結子会社であるAIメッセンジャーと共同で、チャットに...

news021.jpg

「NPS」の効果を実感、導入企業の8割――IMJ調査
アイ・エム・ジェイ(IMJ)は、「日本企業におけるNPS導入の実態把握調査」の結果を発表...