2008年01月23日 04時46分 UPDATE
特集/連載

99.9%のアップタイムSLAWeb 2.0企業を魅了する新しいストレージサービス

AmazonのSimple Storage Serviceに対抗する新興企業Nirvanixのマネージドストレージサービスが、Web 2.0企業の支持を獲得しつつある。

[Beth Pariseau,TechTarget]

 2007年秋に発表されたNirvanixのマネージドストレージサービスが、AmazonのSimple Storage Service(S3)に対抗するサービスとしてネット起業家の注目を集めている。

 Nirvanixは9月に表舞台に登場し、一部の大手S3ユーザーが報告しているパフォーマンス問題を克服できると主張した。NirvanixがAmazonよりも優れたパフォーマンスをうたっているのは、Webコンテンツ配信システムの仕組みを基に、ストレージノードの世界ネットワークを構築しているためだ。ストレージと処理能力を複数のコロケーションサイトのノードに分散させることで、Nirvanixはリソースを常に顧客の近くに置き、ネットワークの待ち時間を減らしている。

 このサービスは顧客サービス面でもS3に対抗し、顧客との間で99.9%のアップタイムサービス品質保証契約(Service Level Agreement:SLA)を交わしている。これに押される形でAmazonも10月にSLAを導入した。

 Nirvanixが真のS3対抗サービスとなるまでの道のりはまだ遠い。S3はAmazonのバックアップ用グローバルインフラであり、知名度も高い。Nirvanixのストレージ1Gバイト当たり18セントという月額料金はS3より「わずかに高い」が、これはNirvanixにAmazonのようなスケールメリットがないためだとNirvanixのパトリック・ハーCEOは説明する。まだ実績がないため、企業に大事なデータを預けさせるのも難しい課題だ。しかしこの新サービスは既に、Web 2.0エコノミーにおける信奉者を獲得している。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...