2006年10月19日 00時00分 公開
特集/連載

CIOはストレージのコストと複雑さに窒息寸前Column

ストレージのコストと複雑さは現実問題としてある。だが、専門家は、問題は単に、自社に必要なものが何かを理解し、それを入手するにはどうすべきかを理解できるかどうかだと言う。

[Kate Evans-Correia,TechTarget]

 企業のCIOはストレージの危機にさらされている。だが、そうした危機の多くは彼らが自ら招いている。

 確かに、ストレージのコストと複雑さは現実問題としてある。それを否定する企業人を見つけるのは難しいだろう。コンプライアンスなどの法的な規制に加え、データの増殖により、企業はデータ保持の悪夢に苦しめられ、まるでその悪夢から目覚めることができないかのようになっている。

 だが、ストレージは必ずしも企業を締め付けるわけではない。専門家によれば、問題は単に、自社に必要なものが何かを理解し、それを入手するにはどうすべきかを理解できるかどうかだという。

 民間の刑務所運営企業、コレクションズコーポレーション・オブ・アメリカのエンタープライズ技術担当上級ディレクター、ブラッド・ウッド氏は次のように語っている。「まだストレージリソース管理(SRM)ソリューションを何も導入していない企業が存在する。そうした企業はストレージの複雑さに圧倒されている」

 ウッド氏は、セキュリティベンダーのシマンテックのSRMパッケージを使用している。同氏によれば、SOX法により、コレクションズのストレージインフラには常に膨大な要求が寄せられている。厳しい規制への対応を迫られ、コンプライアンスのための大規模なデータ保持ポリシーを備える企業として、コレクションズは、新たにストレージアレイを追加するだけで終わり、というわけにはいかなかったという。

 「もっと早くSRMを検討しておくべきだった。出遅れたのは、かなりの痛手だった」とウッド氏。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。