2008年01月31日 19時19分 UPDATE
ニュース

NEWSNSW、情報漏えい防止ソフト「ProvisioNet」にIT資産管理機能を強化した新版

PCおよびサーバの操作監視/制限を行うほか、IT資産管理機能を改善した新バージョン「ProvisioNetバージョン2.0」を発表。組織内のすべてのIT資産、ソフトウェアライセンスの把握を容易化。

[TechTarget]

 日本システムウエア(NSW)は1月31日、内部からの情報漏えいを防止するソフトウェア「ProvisioNet」の新バージョン「ProvisioNetバージョン2.0」を発表した。2月1日より販売を開始する。

 新バージョンではIT資産管理機能を改善。管理サーバとProvisioNetの導入により、組織内のすべてのPCのハードウェアおよびソフトウェア情報だけでなく、プリンタなどのIT機器の情報も同時に収集できるという。また、PCおよびサーバの操作/制限に関しては、セキュリティポリシーの提供とともに監視機能を強化・改善している。

 ProvisioNetは、IT資産を管理する「ProvisioNet AssetConductor」、ソフトウェアの配布やアップデートのインストールを自動的に実行する「ProvisioNet SoftwareExpress」、重要情報へのアクセス、不正操作の監視と記録を行う「ProvisioNet PcSentinel」、サーバファイルへのアクセスを監視・記録する「ProvisioNet ServerSentinel」で構成される。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...