2008年03月10日 20時39分 UPDATE
ニュース

NEWSサイボウズ、モバイル/グループウェア連携を強化したSFAソフトの最新版

「モバイル機能」や「CSVデータ入出力」「グループウェア連携」など20以上の機能強化を実施した「サイボウズ ドットセールス 1.1」。営業業務の効率化を支援する。

[TechTarget]

 サイボウズは3月10日、「サイボウズ ドットセールス」(以下、ドットセールス)の最新版(1.1)の販売を開始した。

 ドットセールスは「誰でも簡単に使える」ことをコンセプトに同社が開発・販売するSFA(Sales Force Automation:営業支援)製品。営業のコンタクト履歴や商談の進ちょく状況、営業スケジュール、顧客などに関する情報を蓄積し、案件成立の見込みを営業部内で共有することが可能になる。

 最新版では、新たに「モバイル機能」「CSVデータ入出力」「グループウェア連携」などの主要機能を搭載した。モバイル機能では、携帯端末のWebブラウザを使用してドットセールスのポータルの閲覧、書き込みが可能だ。CSV(カンマ区切り)データ入出力では、ドットセールスの「顧客管理」などに登録される顧客や会社、事業所などの情報を他システムとやりとりできるようCSVデータにして入出力する機能が強化されている。グループウェア連携ではドットセールスの新着や更新情報などを大規模向けEIP(Enterprise Information Portal)型Webグループウェア「サイボウズ ガルーン 2」上に通知できるようになった。

画像 PC用画面。グループウェア連携《クリックで拡大》

画像 携帯端末用画面

 また、従来のWindowsサーバだけでなくLinuxサーバ(RHEL 5)でも導入可能。価格はユーザーライセンス数によって変動し、30ユーザーの場合は105万円(税抜き)。

関連ホワイトペーパー

サイボウズ | グループウェア | SFA


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...