2008年03月10日 20時42分 UPDATE
ニュース

NEWSソニックウォールがUTMの最新ファームウェア、AFや冗長化をサポート

「SonicOS 4.0 Enhanced日本語版」では、アプリケーションファイアウォールやフェイルオーバーなどを実現する。

[TechTarget]

 ソニックウォールは3月10日、同社のUTMアプライアンス「PRO」シリーズ(「PRO 1260」を除く)向けの最新ファームウェア「SonicOS4.0 Enhanced日本語版」を発表した。保守契約に加入している既存の「SonicOS Enhanced」ユーザーは同日より無償でダウンロードできる。

 最新版では新たにアプリケーションファイアウォール(AF)を搭載。インバウンド/アウトバウンドのコンテンツフィルタリング、アプリケーションごとのアクセス制御、ディープパケットインスペクションによるパケット精査、デジタル著作権管理などの機能により、アプリケーション層(レイヤー7)でのよりきめ細かいアクセス制御を実現している。

 また、メインのアプライアンスをバックアップ用のアプライアンスと能動的に同期し接続情報を更新することにより、ハード/ソフトウェア障害時の継続運用を保証する「ステートフル・フェイルオーバ機能」を搭載。さらにシングルサインオンへの対応、インバウンドの負荷分散、HTTPSによるコンテンツフィルタリング、SSLセッションの可視化などの機能強化が行われている。

関連ホワイトペーパー

UTM | ファイアウォール | 認証


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...