2008年03月11日 05時14分 UPDATE
特集/連載

まずは現状把握からストレージのグリーン化対策の進め方

ストレージの電力コストはデータセンター全体の26%を占めるため、コスト効果分析に基づくストレージのグリーン化対策は非常に重要だ。

[Rick Cook,TechTarget]

 ストレージの電力コストはデータセンター全体の26%を占める。ストレージ管理者が的確なコスト効果分析に基づいてグリーン化に取り組むことは重要だ。

 米国環境保護庁(EPA)によると、2006年にデータセンターで使用された電力量は米国の電力使用量全体の1.5%を占め、現在の省電力化の傾向が継続した場合、2011年のデータセンターの電力使用量は2006年の2倍近くに達する可能性があるという。しかし、既存の省電力技術やベストプラクティスの広範な活用が進めば、2007〜2011年のデータセンターの総電力使用量は、現在の省電力化傾向が継続した場合と比べて半分強にとどまり、この5年間の総電力コストを140億ドル削減できる可能性がある、とEPAは予測している。

関連ホワイトペーパー

データセンター | ストレージ | 仮想化


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。

news061.jpg

マーケティングオートメーション×LPO トライベック・ストラテジーとデータアーティストがツール連携
トライベック・ストラテジーとデータアーティストは、それぞれが提供するツールの連携を...

news053.jpg

電通デジタルとビービット、マーケティングオートメーションのシナリオをPDCAで支援する独自メソッド提供
電通デジタルはビービットと共同で、デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」を活用し、...