2008年03月25日 17時59分 UPDATE
ニュース

NEWSメルー、不正APの検知が可能な“11n ready”APを発表

メルー・ネットワークスは、ソフトウェアの更新だけで最大300Mbpsの高速無線通信を実現するIEEE 802.11n対応APを発表した。

[TechTarget]

 無線LANのメルー・ネットワークスは3月25日、次世代無線LAN規格IEEE 802.11nドラフト2.0対応の企業向け無線アクセスポイント(AP)「AP302」を発表した。ソフトウェアの更新だけで最大300Mbpsの高速無線LAN環境に移行できる。

画像 11nへの段階的な移行に最適なAP302

 AP302はIEEE 802.11a/b/gおよび11nドラフト2.0に対応する「AP300シリーズ」の1製品で、6本のアンテナで構成する3×3 MIMO(Multiple Input Multiple Output)技術により理論値300Mbpsの高速通信を実現する。導入時は11a/b/g機能のみ利用可能だが、ユーザーは既存環境から11n環境に移行する際、ソフトウェアアップグレードのライセンスを購入するだけでよい。

 またセキュリティ面では、無線LANコントローラと連携して許可されていない不正APの設置を検知、トラフィックをブロックするファイアウォール機能を搭載した。同社の現行AP製品と同様、11a/b/gおよび11nで同時に2つの無線チャンネルが利用できるデュアルチャンネルや、チャンネル当たりの接続数を増やすAir Traffic Controlといった機能もサポートする。

 AP302の国内販売価格は未定。参考価格は、本体が995米ドル、11nへのアップグレードライセンスが299米ドルとなっている。

関連ホワイトペーパー

IEEE | 無線LAN


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

企業の社会課題への解決姿勢は商品の継続利用や他者への推奨意向に影響――メンバーズ調査
メンバーズが実施した「エンゲージメント・サーベイ」によると、Webサイトで本業による社...

news087.jpg

サイバーエージェントとアイリッジ、位置情報分析や行動分析ターゲティングに基づく広告配信で連携
サイバーエージェントのアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオとアイリッジ...

news020.jpg

表示されている? 見られている? 結局リーチしている?――「質的視点」からの新たな効果指標について
脱PV至上主義を叫ぶのはいいとして、具体的には何を目指すのか。戦略コンサルが提案する...