2008年03月28日 19時09分 UPDATE
ニュース

NEWS住信SBIネット銀行がRSAのフィッシングサイト閉鎖代行サービスを採用 

フィッシング詐欺対策の強化策として、フィッシングサイトを閉鎖してネット犯罪の被害を予防する「RSA FraudAction」を採用した。

[TechTargetジャパン]

 RSAセキュリティは3月28日、ネット専業銀行である住信SBIネット銀行がRSAセキュリティのフィッシングサイト対策サービス「RSA FraudAction」を採用したと発表した。

 住信SBIネット銀行は「各種取引制限(ロック機能)」「3重のパスワード」「ログイン履歴の表示」「モバイルキー」など、顧客自身が実施して安全を確認できるセキュリティ対策を提供しているが、今回、顧客がアクセスするWebサイトそのもののフィッシング対策としてRSA FraudActionを採用した。

 RSA FraudActionは、顧客に代わってフィッシングサイトの閉鎖依頼や調整を行うフィッシング被害予防サービス。全世界の大手金融機関をはじめとする250社以上で採用され、135カ国6万サイト以上をシャットダウンした実績を持つ。シャットダウンに要する時間はほとんどのケースで5時間以内であり、最短時間は5分となっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

「辛ラーメン」は「カップヌードル」の2倍超、訪日中国人の食品認知率――ヴァリューズ調べ
ヴァリューズは「中国人の食品ブランド認知・購入状況調査」を実施しました。

news007.jpg

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティングに関する調査を実施
電通デジタルが実施した「デジタルトランスフォーメーションとデジタルマーケティングの...

news048.jpg

Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活...