2008年03月28日 19時09分 UPDATE
ニュース

NEWS住信SBIネット銀行がRSAのフィッシングサイト閉鎖代行サービスを採用 

フィッシング詐欺対策の強化策として、フィッシングサイトを閉鎖してネット犯罪の被害を予防する「RSA FraudAction」を採用した。

[TechTargetジャパン]

 RSAセキュリティは3月28日、ネット専業銀行である住信SBIネット銀行がRSAセキュリティのフィッシングサイト対策サービス「RSA FraudAction」を採用したと発表した。

 住信SBIネット銀行は「各種取引制限(ロック機能)」「3重のパスワード」「ログイン履歴の表示」「モバイルキー」など、顧客自身が実施して安全を確認できるセキュリティ対策を提供しているが、今回、顧客がアクセスするWebサイトそのもののフィッシング対策としてRSA FraudActionを採用した。

 RSA FraudActionは、顧客に代わってフィッシングサイトの閉鎖依頼や調整を行うフィッシング被害予防サービス。全世界の大手金融機関をはじめとする250社以上で採用され、135カ国6万サイト以上をシャットダウンした実績を持つ。シャットダウンに要する時間はほとんどのケースで5時間以内であり、最短時間は5分となっている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...