2008年04月16日 18時17分 UPDATE
ニュース

NEWS日立がクライアントブレード新モデル、電源管理効率化で最大65%の省電力化

クライアントブレード「FLORA bd100」の新モデルと省電力運用ソフトウェア「SAVINGDA Pro」の販売を開始した。

[TechTargetジャパン]

 日立製作所は4月16日、シンクライアント技術を活用して情報漏えいを防止する「セキュアクライアントソリューション」において、クライアントブレード「FLORA bd100」の新モデル(モデル名:100X6)の販売を開始した。同時に省電力運用ソフトウェア「SAVINGDA Pro」の販売も開始している。FLORA bd100、SAVINGDA ProおよびセキュリティPC「FLORA Se330」を組み合わせたセキュアクライアントソリューションの利用により、従来PCと比較して最大65%の省電力化が可能だ。

 FLORA bd100はクライアントPCの機能をブレード型の装置に集約し、データセンターでの統合管理を可能としたもの。1台のベースユニットに最大14枚のクライアントモジュールを搭載し、100台以上のPCをフルラックに集約できる。セキュリティPC「FLORA Seシリーズ」と組み合わせることで情報漏えい防止を図るほか、テレワークなどの新しいワークスタイルを実現する。価格はクライアントモジュールが12万3900円から、ベースユニットが21万円から(ともに税込み)。出荷開始は5月23日を予定している。

画像 FLORA bd100

 SAVINGDA Proはあらかじめユーザーの設定したスケジュールによるコンピュータの電源管理や省電力効果の可視化など、コンピュータの省電力に役立つ機能を提供するソフトウェア。コンピュータの電源投入、負荷の掛かるスキャンディスク、ウイルスチェックなどを業務開始前に完了させておくことができる。価格は5250円(税込み)で、5月23日に出荷開始予定。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | 情報漏洩 | 日立製作所 | シンクライアント


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...