2008年05月07日 20時18分 UPDATE
ニュース

NEWSソフトブレーン、予実管理機能を強化したeセールスマネージャーの新バージョン

「eセールスマネージャーVer7.1 エンタープライズ」の販売を開始。「予実管理レポート機能」の追加により、目標予算に対する実績や見込みのリアルタイムな進ちょく把握が可能になったという。

[TechTargetジャパン]

 ソフトブレーンは5月7日、営業効率化支援パッケージ「eセールスマネージャー エンタープライズ」の新バージョン、「eセールスマネージャーVer7.1 エンタープライズ」の販売を開始した。

 新バージョンでは、eセールスマネージャー上で入力した情報を基に、目標予算に対する実績および見込金額をリポート表示する「予実管理レポート機能」を追加。担当部署や社員を指定して月ごとの予算に対する実績と見込みを見る場合には、確度ごとの金額を表示できる。また、受注・売り上げリポート上の各金額をクリックするとその金額を構成する顧客、案件の明細までブレークダウンして参照できるとともに、前回リポート参照時からの金額の増減を表示可能だ。これにより、経営層や営業マネジャーの判断に必要な指標がいつでも参照できる。

 eセールスマネージャーの提供形態はパッケージとASP/SaaS型の2種類がある。1ユーザーライセンス当たりの価格は、パッケージが24万円、ASP/SaaS型の場合が1万5000円/月となっている。

関連ホワイトペーパー

CRM | ASP | SaaS | SFA


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...

news066.jpg

電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能...