2008年08月25日 08時00分 UPDATE
特集/連載

第一歩は問題認識SOAガバナンスをめぐる問題は未解決

IT中毒になっているプロジェクトリーダーたちがようやく問題の存在を認識し、克服への第一歩を踏み出したと専門家は分析する。

[Rich Seeley,TechTarget]

 SOA(サービス指向アーキテクチャ)プロジェクトのリーダーたちは、ガバナンスの改善に向けて第一歩を踏み出した。問題があることを認識したからだ。

 Software AGの副社長兼CTO(最高技術責任者)代理を務めるミコ・マツムラ氏は、SOAガバナンスの現状を依存症克服プログラムに例える。同氏の結論は、Software AGの顧客を対象に行われた調査「Best Practices for SOA Governance Survey」(SOAガバナンスのベストプラクティス)に基づく。

 マツムラ氏は調査結果について、「人々は混沌(こんとん)としたITの中毒になっている」と述べている。しかし彼らが問題の存在を認識し、克服への第一歩を踏み出したのは喜ばしいことだという。

 「この調査は、圧倒的多数の人々が克服に向かって最初の一歩を踏み出したことを明確に示している。適切なガバナンスが必要であることを誰もが認識していることを示す傾向が調査で浮かび上がった」とマツムラ氏は語る。

 次のステップは、これが自分たちだけで解決できる問題ではないと認識することだ。例えばチョコレート中毒の人は、チョコレート菓子を窓の外に放り投げるだけでは問題が解決しないことは分かっているだろう。そういった方法で悪習をやめようとしても、うまくいったためしがないからである。

関連ホワイトペーパー

SOA | 運用管理 | ライフサイクル | Webサービス


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.gif

ソニーのスマートウォッチ「wena wrist」が当たる ITmedia マーケティング無料メルマガ購読キャンペーン
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...

news016.jpg

「流行りものだからとりあえずInstagram」などと安直にメディアを選んでいませんか?
InstagramかYouTubeか、それともTwitter? 最終回となる今回は、インフルエンサーの効果...

news010.jpg

メルカリ、フィンテック、宅配便再配達問題…… EC時代の生活者インサイトはどうなってる?
利便性がもたらす社会のひずみについて考えさえられる今日このごろ。各種の調査データか...