2008年08月27日 18時09分 UPDATE
ニュース

NEWSレッドハットがJBoss Seamの最新版、SOAコンポーネント・Java EE6との連携を追加

Java EEアプリケーション開発のフレームワーク製品「JBoss Seam 2.0」を9月上旬より提供。SOAサービス統合基盤「JBoss Enterprise SOA Platform」に含まれる各種コンポーネントとの連携に対応した。

[TechTargetジャパン]

 レッドハットは、エンタープライズ向けJava EEアプリケーション開発の生産性を向上させるフレームワーク製品の最新版「JBoss Seam 2.0」を9月上旬より提供する。JBoss Seam 2.0は、J2EE/Java EEアプリケーションサーバ製品の最新リリース版「JBoss Enterprise Application Platform 4.3 FP01」に含まれ、既存のサブスクリプション契約ユーザーおよび今後の新規契約ユーザーは無償で利用できる。バイナリコードおよびソースコードはカスタマーサポートポータルから9月上旬よりダウンロードできる。

 「JBoss Seam」は、JSF(JavaServer Faces)、EJB3(Enterprise JavaBeans 3.0)をシームレスに結合する役割を果たすJava EEのための次世代フレームワーク製品。最新版のJBoss Seam 2.0では、既存の「JBoss Seam 1.2」がサポートしていたJBoss Enterprise Application Platformに加え、新たにSOA(サービス指向アーキテクチャ)ベースのシステム構築を実現するサービス統合基盤「JBoss Enterprise SOA Platform」に含まれる各種コンポーネント「JBoss jBPM」「JBoss Rules」「Hibernate」との連携に対応した。

 同時に、Ajaxコンポーネント「RichFaces3.1」との連携を完全にサポート。さらにWebサービスとの連携機能を実装し、WebサービスクライアントとJBoss Seamコンポーネントの会話状態の維持がさらに容易になるという。

 JBoss Seam 2.0に組み込まれた仕様の多くは、次世代の「Java EE6」の標準仕様「JSR-299(Web Beans)」として盛り込まれたため、アプリケーション開発者はJBoss Seam 2.0を使うことで、Java EE6に向けたアプリケーションの標準開発手法を早期に取り込むことができる。さらに、レッドハットのEclipseベースの統合開発環境「JBoss Developer Studio」を利用することで大規模なエンタープライズ向けアプリケーションの早期開発が実現するとしている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

最も「親日」になった国は? 電通が「ジャパンブランド調査2016」を実施
電通は、2016年4〜5月に20カ国・地域を対象に実施した「ジャパンブランド調査2016」の結...

news082.jpg

マーケティングオートメーションツール「SATORI」でWebプッシュ通知が利用可能に
SATORIはWebプッシュ通知ツール「pushcrew」の国内展開を行うアッションはSATORIとpushcr...

news071.png

「KANADE DSP」がスマートフォン向けディスプレイ広告枠へのネイティブ広告の配信を開始
京セラコミュニケーションシステムは、広告配信サービス「KANADE DSP」がスマートフォン...