レッドハット、SOA基盤を構築するJBossミドルウェアを発売NEWS

SOA基盤構築に必要な3つの機能をアプリケーションサーバとともに一括提供する、オープンソースSOAミドルウェア群を発売。同時にJBossソフトウェア検証センターを設置する。

2008年02月28日 19時51分 公開
[TechTarget]

 レッドハットは2月28日、SOA(サービス指向アーキテクチャ)による業務システム構築のためのオープンソースミドルウェア「JBoss Enterprise SOA Platform」を発表した。

 本製品は、これまで一般に別々のミドルウェア製品として提供されてきた、SOA基盤構築に必要な3つの機能「エンタープライズサービスバス(ESB)」「ビジネスプロセスマネジメント(BPM)」「ビジネスルールの管理と実行(Rule)」をアプリケーションサーバとともに一括提供する、統合オープンソースSOAプラットフォーム製品。

 具体的には、各SOAコンポーネントの連携を図る共通のインタフェースとなるESB(Enterprise Service Bus)機能「JBoss ESB」、ビジネスプロセスの最適化とワークフローを提供するBPM(Business Process Management)機能「JBoss jBPM」、ユーザー固有のビジネスルールの定義と管理を行うRule機能「JBoss Rules」、それらの基盤となるアプリケーションサーバ「JBoss Enterprise Application Platform」から構成される。

 3月上旬より出荷開始予定で、ライセンスは無償。テクニカルサポート・製品アップグレード・修正プログラムの提供を含む年間のサブスクリプション価格は210万6000円(税抜き)からとなる。

 また、2月28日付けで「JBossソリューション センター」を設置し、ISV(独立系ソフトウェアベンダー)各社に対しSOAをはじめとするJBoss製品上でのソフトウェア動作検証環境を提供する。さらに、20人規模に増強したJBoss担当チームを「JBoss事業推進本部」に拡大し、社長直轄組織として3月1日付けで発足。SOA導入を含むオープンソースベースの企業システム構築に対する取り組みをさらに強化していく。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。