2008年09月03日 20時31分 UPDATE
ニュース

NEWSフルーク、小型・低価格な光ファイバー用OTDR検証テスターを発売

高性能ながら軽量・コンパクトな光ファイバー用OTDR検証テスター「OptiFiber OF-400」を発売。LAN検査に必要なすべての情報を画面上に表示でき、障害を素早く切り分けられる。

[TechTargetジャパン]

 ネットワーク関連ツールメーカーのフルークは9月3日、光ファイバー用OTDR(※)検証試験が行える「OptiFiber OF-400」の販売を開始した。価格は96万円(税抜き)からと、携帯可能な光ケーブルテスタとしては低価格設定となっている。

(※)Optical Time-Delay Reflectometer:光ファイバーケーブルにおいて、融着接合と光ファイバーコネクタの位置を特定し損失を測定する機器。パルス試験機とも呼ばれる。

画像 OptiFiber OF-400

 OptiFiber OF-400は、光ファイバー配線の検査、検証、トラブルシューティング、文書化などを1台で行うことができるOTDR検証テスター。1.9kg、高さ26.9×幅19.1×奥行き6.4センチと軽量・コンパクトながら、マルチモードでのイベントデッドゾーンは0.5メートルと業界最高レベルとなっており、より正確な障害個所の特定が可能。

 特に、比較的接続個所が多く障害の発生しやすい光ファイバーLAN配線において、リンク構造などLAN検査に必要な検証情報をビジュアルに画面表示するため、障害を素早く切り分けることができる。また、標準付属のケーブルテスト管理ソフトウェア「LinkWare」では波形解析やリポート作成が行え、既存ケーブルアナライザのデータベースにテスト結果を統合したり、リモートユーザーとのファイル共有も可能だ。測定前に、測定器自体のポートをセルフチェックする機能も備える。

 価格は96万円からで、同社は初年度200ユニットの売り上げを目指す。

関連ホワイトペーパー

ネットワーク監視 | 見える化


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...