2008年10月01日 17時43分 UPDATE
ニュース

NEWS トランスウエア「Active! mail」がSaaS型グループウェアで無償利用可能に

トランスウエアが「参謀シリーズ」のWebメール機能として「Active! mail 6」の提供を開始。参謀シリーズのユーザーは追加料金なしで利用できる。

[TechTargetジャパン]

 トランスウエアは10月1日、オールインワンソリューションと未来予想が共同企画・開発・販売するグループウェア「参謀シリーズ」のWebメール機能として「Active! mail 6」の提供を開始した。参謀シリーズのユーザーは追加料金なしでActive! mail 6を利用できる。

 参謀シリーズはグループウェア機能、販売管理機能、プロジェクト管理機能がそろった中堅・中小企業向けSaaS(Software as a Service)型グループウェア。またトランスウエアのActive! mailは、累計700万アカウントの導入実績を誇るWebメールで、スケジュール管理、ToDo管理、電話メモ管理、勤怠管理、経費清算、稟議管理、携帯電話機能などのグループウェア機能を持つ。最新バージョンのActive! mail 6は、Ajaxによる操作性とパフォーマンスの向上を実現している。

 各参謀シリーズの機能と価格は以下の通り。

メニュー名 初期設定費用(税込み) 月額費用(税込み) 利用可能機能
情報参謀 1万500円 1万500円 スケジュール管理、ToDo管理、電話メモ、勤怠管理、経費精算、稟議管理(ワークフロー)
販売管理参謀 3万1500円 3万1500円 顧客管理、営業進ちょく管理、見積書発行、案件管理、費用管理、請求書発行、入金登録
原価管理参謀 3万1500円 3万1500円 案件管理、工数管理、会議管理、共有資料管理(各種ひな型付き)、総合指標管理、IR管理、事業報告作成ナビ
参謀セット 5万2500円 5万2500円 情報参謀、販売管理参謀、原価管理参謀

関連ホワイトペーパー

Webメール | グループウェア | SaaS | Ajax


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...