ゆめみ、SaaS型Webメール導入でモバイルセキュリティ対策NEWS

既存メール環境を維持しながら並行して試験運用を実施できることを条件にリサーチを進めた結果、feedpath Zebraを採用。全社導入のファーストステップとして部門利用を開始した。

2008年06月17日 19時07分 公開
[TechTargetジャパン]

 フィードパスは6月17日、モバイルインターネットに特化したシステム開発を手掛けるゆめみが、SaaS(Software as a Service)型Webメール「feedpath Zebra」を部門導入したことを発表した。

 ゆめみは創業当初よりノートPCを社員に支給しているが、事業成長に伴い大手クライアントとの取引が増加した結果、業務データのモバイル利用に関して企業コンプライアンスの強化が課題となっていた。その一環として、企業内のセキュリティポリシーを定めると同時に自社運用で利用している電子メールクライアントの見直しを図り、メールサービスへの移行を検討。既存メール環境を維持しながら並行して試験運用を実施できること第一条件にリサーチを進めた結果、feedpath Zebraの運用コスト(1アカウント年額6300円)と機能を評価。全社展開に向けたファーストステップとして「スタートアップ応援パック(※)」を活用して部門単位で導入することになった。

(※)10ユーザー以下の期間限定(2008年12月末まで)特別プラン。基本プランと同等の機能を利用できる。

 feedpath Zebraは、米国Zimbraが提供する「Zimbra Collaboration Suite」をベースにフィードパスが開発したSaaS型Webメール。メールデータをクライアントPCに残さずにサーバ側で集中管理し、情報漏えいを防止する。

ITmedia マーケティング新着記事

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...

news072.jpg

Threadsで目立つ投稿をするには? Metaがフィードアルゴリズムの仕組みに関する洞察を公開
X(旧Twitter)に変わるものとして期待されるMetaの短文投稿SNS「Threads」。Metaが公開...

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...