2008年10月07日 19時26分 UPDATE
ニュース

NEWS シマンテック、Windows Server 2008環境をサポートしたBackup Exec最新版

仮想環境技術を活用してVMware Infrastructure、Windows Server 2008 Hyper-V、従来の物理システムのデータを包括的に保護する「Backup Exec 12.5」を発売。リカバリツールは日本市場向けにエントリー版を投入した。

[TechTargetジャパン]

 シマンテックは10月7日、「Backup Exec」製品群の最新版の提供を開始した。仮想および物理システムの両方におけるデータ、システムのリカバリをはじめ、「Windows Server 2008」製品シリーズをサポートする。また、Backup Execに新しいシステム管理機能を追加し、異種混在環境に対するより柔軟なストレージ管理を実現した。

 最新版の「Backup Exec 12.5」は、仮想環境技術を活用して「VMware Infrastructure」「Microsoft Windows Server 2008 Hyper-V」さらに従来の物理システムのデータを単一のコンソールから包括的に保護する。また、「VMware ESX」やMS Hyper-Vのホスト環境において、複数のゲストマシンを単一のコンソールからディスクやテープにバックアップできる。さらに、米国特許出願中の「Granular Recovery Technology」(GRT:きめ細やかなリカバリ技術)を追加し、単一パスのバックアップから個々のファイルまたはイメージ単位でのリカバリを可能にした。また、仮想マシンバックアップツール「VMware Consolidated Backup」(VCB)の自動設定およびセットアップ機能を利用することで、手動でのスクリプト作成が不要となる。

 一方の「Backup Exec System Recovery 8.5」は、災害やシステム障害が発生したときに、元とは異なる種類のハードウェア環境や仮想環境でもわずか数分でWindowsシステム全体を復元できるイメージバックアップ/リカバリソフト。今回、物理システムから仮想システムへの移行をスケジュール化する新機能を追加した。また、VMware ESX 3.5、MS Hyper-V、「Citrix XenServer 4.1」などの最新の仮想環境をサポート。IT管理者はシステムにソフトウェアをインストールすることなく、プリブート状態でシステムのバックアップをキャプチャーすることが可能だ。

 さらに同社は、「Symantec Backup Exec System Recovery 8.5 Basic Edition」を新たに日本市場に向けて提供開始する。こちらは同Server Editionの機能を限定したエントリー版となる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...